【イラスト解説】甘くておいしいサツマイモの栽培・収穫方法


こんにちは、ガーデニング研究家の畑です!

今年の夏も暑くなりそうですね。


庭のアジサイが咲き始めています。

アジサイが咲き始めると「梅雨だな~」と感じますね。


我が家には数種類のアジサイがありますが、私のお気に入りはこちらです。


アジサイは明るめの日陰に植栽したり、鉢植えを置くと、健やかに育ちますよ!

                                                       

さて、今回はサツマイモの紹介です。


私が今注目しているサツマイモは【安納芋(あんのういも)】と【シルクスイート】という品種。

【安納芋】はご存知の方も多いと思いますが、ねっとりとした甘みが人気です。

【シルクスイート】は繊維質が少なく、まるでシルクのような滑らかさです。


サツマイモは5月中旬~6月中旬に植え付けて、10月頃に収穫できます。

今が植え時なので、ぜひ育ててみてください!

                  

目次

1.準備をしよう

2.水やりと手入れ

3.収穫と保存方法

<今回の作業にオススメの道具>


1.準備をしよう


サツマイモの苗を園芸店やホームセンターで購入しましょう。


もし売り切れている場合は、

家庭菜園仲間に育っている苗の先端を30cmほど切って分けてもらうのも手です。

苗を切るには業務用ハサミフルールが便利ですよ!




2.水やりと手入れ


畑にバーク堆肥をすき込みます。1㎡に10リットル程度にします。

堆肥を多く入れると葉や茎ばかりが成長し、

サツマイモの収量が落ちてしまうので気をつけましょう。


苗をイラストのように植付け、たっぷりと水やりします。



3.収穫と保存方法


ツルが伸びてきたらツル返しを行います。


10月頃、葉が黄色くなったら収穫です!



収穫後は洗わず、表面を十分乾かしてから、

1つずつ新聞紙に包んで段ボールに入れ保存しましょう。



寝かせると糖度が増しますので、2週間ほど保存してから食べ始めてください!


<今回の作業にオススメの道具>


今回の作業には アルスの【業務用花鋏 フルール】を使用しました。

野菜苗はもちろん、お花のお手入れにも使えるプロ仕様のハサミです!

▼業務用花鋏 フルール FP-17-BK




<この記事を読んだ人はこんな記事もオススメです>





畑 明宏

畑 明宏

1967年生まれ。ガーデニング研究家。 1991年積水ハウス入社。 研究所、本社設計部などを経験し、 2014年に独立。 奈良市で土壁と木の家に暮らしながら 家族5人分のお米と野菜を自らつくる。 主な作品に、梅田スカイビル新・里山(緑の都市賞)など。 また、NHKぐるっと関西おひるまえでは講師として出演中。 著書に 「コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科」 がある。

大阪堺の刃物メーカー・アルスコーポレーションの直営ネットショップです。
作業にオススメな道具をご紹介しています◎

ガーデニング研究家

はたさんちのチョキチョキライフ

畑明宏(はたあきひろ)
1967年兵庫県西宮市出身。
ガーデニング研究家。樹木医。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHK『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
主な作品に梅田スカイビル・新里山(緑の都市賞)など。

人気記事