【5月からスタート!】種なしピーマンの苗植え


こんにちは、ガーデニング研究家の畑です!

大型連休が終わり、過ごしやすい気候が続いていますね。


暖かくなってきたので、

タネから育てていたリーフレタスの苗を

庭の菜園に定植しました。


さて、私には数年前から注目しているピーマンがあります。

昨年NHKのテレビ番組でも紹介した【種なしピーマン】、

その名も「タネなっぴー」です。


園芸店やホームセンター等で購入でき(販売していない店舗もあります)、

育て方は普通のピーマンと同じ。

種を気にすることなく調理できるのが魅力です。


今回はそんな【種なしピーマン】の育て方をご紹介します!

                  

目次

1.準備と苗植えをしよう

2.収穫をしよう

3.栽培に関する注意点

<今回の作業にオススメの道具>


1.準備と苗植えをしよう


定植は最低気温が10度以上になってから行います。

早く植え付けても実がなる時期にそれほど差は出ません。


菜園にバーク堆肥をすき込んでください。

1㎡あたりに20L程度が目安です。


大きく育つので株間を50cm間隔で

直径10cm・深さ5~6cmの穴を空けてください。

その後水を入れてください。

植え穴いっぱいに溜まるくらい与えましょう。


水が引いたところで苗を植えてください。

その後、地表面にバーク堆肥を厚さ3cm程敷き詰め、

最後にたっぷり水やりをしましょう。


2.収穫をしよう



苗が30cm以上になったら3本の支柱を立てて

上のイラストのような3本仕立てにします。



3週間に1回、1株に1握りの粉状醗酵油かすを株周りにバラ撒き、

その上からバーク堆肥を厚さ3cm程敷き詰めてください。


日々の水やりは、地表面が乾くのを待ってから行いましょう。


7月から収穫開始です!

収穫には花はさみ フルール FP-17-Pがオススメです。

【種なしピーマン】は秋まで収穫を楽しむことができますよ。 


3.栽培中の注意点

栽培する注意点は、

普通のピーマンやパプリカ、トウガラシなどの近くで栽培しないこと!


それらの花粉が虫などによって【種なしピーマン】に運ばれると、

【種なしピーマン】に種ができてしまうからです。



<今回の作業にオススメの道具>

今回の作業には アルスの【花はさみ フルール FP-17-P 】を使用しました。

ソフトグリップで手が疲れにくくオススメです。

花はさみ フルール FP-17-P








いかがでしたでしょうか?

今回は【種なしピーマン】の育て方をお伝えしました。

楽しく育てて、ぜひお料理に使ってみてください!




<この記事を読んだ人はこんな記事もオススメです>








畑 明宏

畑 明宏

1967年生まれ。ガーデニング研究家。 1991年積水ハウス入社。 研究所、本社設計部などを経験し、 2014年に独立。 奈良市で土壁と木の家に暮らしながら 家族5人分のお米と野菜を自らつくる。 主な作品に、梅田スカイビル新・里山(緑の都市賞)など。 また、NHKぐるっと関西おひるまえでは講師として出演中。 著書に 「コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科」 がある。

大阪堺の刃物メーカー・アルスコーポレーションの直営ネットショップです。
作業にオススメな道具をご紹介しています◎

ガーデニング研究家

はたさんちのチョキチョキライフ

畑明宏(はたあきひろ)
1967年兵庫県西宮市出身。
ガーデニング研究家。樹木医。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHK『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
主な作品に梅田スカイビル・新里山(緑の都市賞)など。

人気記事