【これからの季節に!】寒さに強い菜の花

こんにちは、ガーデニング研究家の畑です!


すっかり秋ですが、

今からでも楽しめる野菜が「菜の花」です!

菜の花は寒さに強い野菜で、5度以上あれば生育します。

菜の花はアブラナ科です。

一般的にアブラナ科は害虫が多いですが、

温度が下がっていく今からの季節なら、害虫に悩まされることも少なくなります。


目次

1.種を蒔こう!

2.ミニ温室を活用! 発芽と育苗

3.苗を定植させよう

4.”食べる”と”見る”で二度おいしい

<今回の作業にオススメの道具>



1.種を蒔こう!

 育苗用のビニールポット(直径約9cm)に種まき用の土を入れます。

 土を十分湿らせた後、中央に深さ1cmの穴をあけ、

 その中に3~4粒の種を蒔きます。


 その後、種が隠れる程度の土を被せ、やさしく水やりします。

 発芽するまでは乾かさないようにします。



2.ミニ温室を活用! 発芽と育苗

 ミニ温室になった育苗トレーが販売されています。

 これを使うと発芽しやすくなります。

 最高気温が20度以下になれば活用しましょう。

 ※日中20度以上あればミニ温室なしで発芽可能です。



 

 間引きをしながら、1ポット1株にして、本葉が2~3枚になるまで育てます。

 寒くなるようならミニ温室を活用します。

 

3.苗を定植させよう

 暖かい日にプランターや花壇に苗を定植させます。


 

 

 定植後一週間たったら、お好みの肥料を説明書き通りに与えてください。

 寒い時期は1週間に1回程度、液体肥料を与えると効果的です。

 水やりは地表面が乾いたら、たっぷり与えます。


4.”食べる”と”見る”で二度おいしい

 品種にもよりますが、

 2月下旬頃から花茎や蕾(つぼみ)を収穫して食べます。




 菜の花は、花を咲かせると食味が落ちてしまいます。ドンドン収穫しましょう!

 春には食べるのをやめ、満開の花を楽しむのも良いでしょう。



<今回の作業にオススメの道具>

 菜の花の収穫には、

 ガーデニング鋏(SE-45)がおススメです。


 ▼ガーデニング鋏 SE-45


 切れ味が悪くなったら、

 新しい刃に変えられるところが気に入って長年使用しています!

 

 ▼ガーデニング鋏替刃 SE-45-1



いかがでしたでしょうか?


寒い季節も楽しく、

野菜を育ててみましょう!




畑 明宏

畑 明宏

1967年生まれ。ガーデニング研究家。 1991年積水ハウス入社。 研究所、本社設計部などを経験し、 2014年に独立。 奈良市で土壁と木の家に暮らしながら 家族5人分のお米と野菜を自らつくる。 主な作品に、梅田スカイビル新・里山(緑の都市賞)など。 また、NHKぐるっと関西おひるまえでは講師として出演中。

大阪堺の刃物メーカー・アルスコーポレーションの直営ネットショップです。
作業にオススメな道具をご紹介しています◎

ガーデニング研究家

はたさんちのチョキチョキライフ

畑明宏(はたあきひろ)
1967年兵庫県西宮市出身。
ガーデニング研究家。樹木医。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHK『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
主な作品に梅田スカイビル・新里山(緑の都市賞)など、

人気記事