野菜を守ろう!秋の害虫対策と効果的なグッズのご紹介

こんにちは!ガーデニング研究家の畑です!


ここ最近、朝晩はずいぶん過ごしやすくなりましたね。

しかし、涼しい秋でも害虫は発生するのです!

今回は、そんな秋の害虫対策についてお話しします。


目次

1.肥料や水のやり過ぎに注意!

2.虫よけネットを使おう

3.黄色のグッズで一網打尽?

4.収穫後も抜かりなく!

<今回の作業にオススメの道具>



1.肥料や水のやり過ぎに注意!

 肥料や水のやり過ぎは、植物を弱らせてしまいます。

 結果的に病気にも弱くなり、害虫の標的にされてしまいます。

 肥料は説明書き通り行ってください。

 また、水やりは地表面が乾いてから行うようにしてくださいね。

 プランターや鉢の場合は、

 水やりする時には鉢底から水が流れるまでたっぷり与えましょう。


 

2.虫よけネットを使おう

 害虫対策には、やはり虫よけネットを掛けることがおススメです。

 プランターの虫よけネットは支柱とセットして販売されています。

 

 鉢底にレンガ等を置いて、風通しを良くしましょう。

 ナメクジやダンゴムシの発生を抑制できますよ!



3.黄色のグッズで一網打尽?

 害虫対策には、黄色のグッズが便利です。

 黄色のバケツに水を入れておくと、害虫が寄って来て溺れます。


 水の中に中性洗剤を数滴入れると、さらに効果的です。

 また、虫取りの黄色い「粘着カード」が商品化されています。

 インターネット等でも購入可能なので、

 ぜひ活用してみてください!



4.収穫後も抜かりなく!

 野菜が負けないように雑草を残すことも、害虫対策には有効です。

 野菜以外の食べ物があるので、害虫が野菜に集中しません。

 雑草を根こそぎ取らず、

 鎌やファミリーデラックス 140DXで草丈を低く刈りましょう!

 

 また、庭のクモの巣は大切にしてください。

 クモがチョウやガの成虫を食べることで、

 数百匹の幼虫の発生を防いでくれます。




<今回の作業にオススメの道具>

 今回の作業には、

 手になじんで使いやすい ファミリーデラックス 140DX がオススメです!

 スタンダードなホワイトに、イエロー、ピンク、グリーン、バイオレットと

 5色から選ぶことができ、目にも楽しいハサミです。

 ▼ファミリーデラックス 140DX



いかがでしたでしょうか?


秋も気を抜かず、

しっかりと害虫対策をして、お庭の植物を守りましょうね!


<この記事を読んだ人はこんな記事もオススメです>



畑 明宏

畑 明宏

1967年生まれ。ガーデニング研究家。 1991年積水ハウス入社。 研究所、本社設計部などを経験し、 2014年に独立。 奈良市で土壁と木の家に暮らしながら 家族5人分のお米と野菜を自らつくる。 主な作品に、梅田スカイビル新・里山(緑の都市賞)など。 また、NHKぐるっと関西おひるまえでは講師として出演中。 著書に 「コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科」 がある。

大阪堺の刃物メーカー・アルスコーポレーションの直営ネットショップです。
作業にオススメな道具をご紹介しています◎

ガーデニング研究家

はたさんちのチョキチョキライフ

畑明宏(はたあきひろ)
1967年生まれ。兵庫県西宮市出身。
ガーデニング研究家。樹木医。自給自足。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHK『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
著書:『コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり』(内外出版社)

この時期におすすめ記事

全2件中 1〜 2件を表示

人気記事