【疲労回復に効果あり!】クウシンサイを育てよう


こんにちは!ガーデニング研究家の畑です!


今回紹介するクウシンサイは

ヒルガオ科サツマイモ属の野菜です。


茎が空洞になっているので、

漢字では「空心菜」と書きます。


暑い夏でもグングン成長します。


ビタミンC、鉄分、カリウムなどが豊富です。

特に鉄分が多く、疲労回復に効果がありますよ!


目次

1.準備するもの

2.クウシンサイを種から育てよう

3.スーパーで購入したクウシンサイで育てよう

<今回の作業にオススメの道具>


1.準備するもの

今回の作業においては、以下のものを準備してください。

~種から育てる場合~

 ◇クウシンサイの種

 ◇プランター

 ◇液体肥料(粉状の醗酵油粕とバーク堆肥でもOK)

 ◇ジョーロ

 ◇収獲用のはさみ

 

~スーパーで購入したクウシンサイで育てる場合~

 ◇クウシンサイ

 ◇コップ

 ◇プランター

 ◇液体肥料(粉状の醗酵油粕とバーク堆肥でもOK)

 ◇収獲用のはさみ



2.クウシンサイを種から育てよう

クウシンサイはこの時期でも発芽するので、

プランターに直播(じかまき…直接蒔くこと)します。


一カ所に4~5粒蒔きます。芽出しまでは日陰に置きます。



間引きをせずに育てると、細くて柔らかい茎や葉を収穫できます。



草丈が30cmになったら上部の2/3をカットして収穫します。



収穫ごとに液体肥料を規定希釈倍率に薄めて与えてください。

液肥を作るときは、原液をジョーロ等に入れてから水を入れると、均一に混ざります。


▼原液をジョーロに入れて


▼その後にお水を入れます


粉状の醗酵油粕でもOKです。

醗酵油粕を与えた後、

地表面に厚さ3cmのバーク堆肥を敷き詰めると、

さらに良く育ちます。



3.スーパーで購入したクウシンサイで育てよう

スーパーで購入したクウシンサイで苗を作る場合は、

茎ごと水を入れたコップに入れ、明るい日陰に置きます。




水は毎日入れ替えてください。

数日で発根します。


発根したら一カ所に3~4苗を植え付け育てます。


種から育てるときと同様、

草丈が30cmになったら上部の2/3をカットして収穫してください。



<今回の作業にオススメの道具>

クウシンサイの収穫には、菜園鋏(ガード付)を使いました!

幅広の刃で、強力にカットできます。


▼菜園鋏(ガード付)





いかがでしたでしょうか?


疲労回復にも効果的な、クウシンサイ。

我が家のオススメ料理は、

クウシンサイとニンニクの炒め物です。


クウシンサイとニンニクを塩コショウで炒めるだけのシンプル料理ですが、

やみつきになりますよ。


ぜひお試しくださいね。




畑 明宏

畑 明宏

1967年生まれ。ガーデニング研究家。 1991年積水ハウス入社。 研究所、本社設計部などを経験し、 2014年に独立。 奈良市で土壁と木の家に暮らしながら 家族5人分のお米と野菜を自らつくる。 主な作品に、梅田スカイビル新・里山(緑の都市賞)など。 また、NHKぐるっと関西おひるまえでは講師として出演中。

大阪堺の刃物メーカー・アルスコーポレーションの直営ネットショップです。
作業にオススメな道具をご紹介しています◎

ガーデニング研究家

はたさんちのチョキチョキライフ

畑明宏(はたあきひろ)
1967年兵庫県西宮市出身。
ガーデニング研究家。樹木医。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHK『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
主な作品に梅田スカイビル・新里山(緑の都市賞)など、

人気記事