Original

ゴーヤチップスを作ってみよう!~レシピをご紹介~

 

こんにちは!ガーデニング研究家の畑です!

 

まだまだ暑い日が続きますが、

我が家のゴーヤカーテンは、元気いっぱいです。

 

9月中下旬の残暑まで

グリーンカーテンとして使いたい場合は、

この時期に全ての実を収穫してしまいましょう。

 

収穫にはこのハサミが便利です。

 

実を付けすぎるとそちらに栄養が回り、

葉やツルの元気がなくなります。

 

収穫したゴーヤを使って

チップスを作ってみませんか?

今回はゴーヤチップスの作り方をご紹介いたします!

 

目次

1.ゴーヤチップスの材料

2.ゴーヤチップスのつくり方

2-1.ゴーヤの下準備

2-2.ゴーヤを揚げる

3.美味しいゴーヤの果肉と実

<今回の作業にオススメの道具をご紹介>

 

1.ゴーヤチップスの材料

材料はたったの4つだけ!

 

①ゴーヤ1本

②サラダ油

③天ぷら粉と水

④スティックシュガー1本

 

2.ゴーヤチップスのつくり方

2-1.ゴーヤの下準備

では早速、作っていきましょう!

 

ゴーヤは半分にカットして・・・

 

中のワタを取り出してください。

 

ワタを取りだしたゴーヤは輪切りにしておきます。

 

2-2.ゴーヤを揚げる

 

材料の③④を混ぜ、薄めの衣を作ります。

輪切りにしたゴーヤに衣を付けます。

サラダ油が180℃になったらゴーヤを入れ、揚げ色が全体に付くようにします。

 

揚げあがったものをお皿に乗せ、お好みで塩をかけます。

 

これで出来上がり!

とても簡単なので、ゴーヤを収穫された際は、ぜひ試してみてくださいね。

 

3.美味しいゴーヤの果肉と実

 

普段緑色になったら収獲しているゴーヤですが、

そのまま収獲せずにいると、オレンジ色になってきます。

 

オレンジ色になった実の中に赤い部分があるのですが、

その部分は果肉で、甘くて食べることができます。

 

 

いかがですか?

いつものゴーヤチャンプルや和え物とは一味違った

ゴーヤの食べ方をご紹介しました。

 

ご家庭のおやつやお酒のおつまみに、美味しく召し上がってくださいね。

 

<今回の作業にオススメの道具をご紹介>

 

ゴーヤの収穫には、摘鋏果がオススメ!

デリケ―トな果物を傷めることなく確実に採収できるよう、

より専門的に機能を高めた商品です。

 

 

 

 

 

 

 

畑 明宏

畑 明宏

1967年生まれ。ガーデニング研究家。 1991年積水ハウス入社。 研究所、本社設計部などを経験し、 2014年に独立。 奈良市で土壁と木の家に暮らしながら 家族5人分のお米と野菜を自らつくる。 主な作品に、梅田スカイビル新・里山(緑の都市賞)など。 また、NHKぐるっと関西おひるまえでは講師として出演中。

ガーデニング研究家

はたさんちのチョキチョキライフ

畑明宏(はたあきひろ)
1967年兵庫県西宮市出身。
ガーデニング研究家。樹木医。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHK『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
主な作品に梅田スカイビル・新里山(緑の都市賞)など、

人気記事

この内容で送信します。よろしいですか?