【梅あんず酒のレシピ付き】梅と杏(あんず)の収穫と剪定について

 こんにちは!畑です!

2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら

家族5人分のお米と野菜をつくる自給自足の生活をしています。


6年前に苗木で植えた我が家の梅とあんずが今年も実を付けています。
午前中しか日の当たらない所ですが、梅はなんと4キロ以上も収穫できました!



そんな梅とあんずですが....剪定の方法をご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?


今回は見た目も可愛らしく味もおいしい梅とあんずの使い方別の収穫時期や正しい剪定方法、
また、美味しい梅あんず酒の作り方をご紹介いたします!!


目次


1.収獲の時期

 ①梅の収穫の時期

 ②あんずの収穫の時期

 

2.剪定のポイント(落葉期)

 ①梅の剪定のポイント
  1-1:枝先の切り戻し
  1-2:徒長枝の剪定
  1-3:芯を止める
  

 ②あんずの剪定のポイント
  1-1:枝の切り詰め
  

3.梅あんず酒づくり

<今回の作業にオススメの道具をご紹介>


1.収獲の時期

①梅の収穫の時期

 梅の実の利用方法によって、収穫時期が異なります。 


梅酒にする場合は、青梅の時期。

梅干しにする場合は、完熟前。

梅ジャムにする場合は、完熟果を収穫するようにしてくださいね。


②あんずの収穫の時期

あんずは実が落ち出したら収穫するようにしてください。


2.剪定のポイント(落葉期)

①梅の剪定のポイント

  梅の剪定には3つのポイントがあります。


  

1-1:枝先の切り戻し

   

 枝先を1/3ほど切り戻しておくと、

 短枝がでて、花芽が着きやすくなります。


 

1-2:徒長枝の剪定

 

徒長枝には花芽はつきません。

不要な場合は剪定するようにしましょう。


1-3:芯を止める




  樹形ができたら立枝や徒長枝を剪定しましょう。

  梅は徒長枝が出やすいため、将来樹形を作るために

  必要な徒長枝以外は剪定することが、ポイントです。


②あんずの剪定のポイント


あんずの剪定においても、1つポイントがあります。

1-1:枝の切り詰め


冬に枝を1/3ほど切り詰めると、新梢が出やすくなります。

あんずは、花芽の間隔が狭く密集して咲くことがあるので、

目安として葉30枚に対して、1~2果になるように摘果します。



新梢に花芽が分化しやすいです。


3.梅あんず酒づくり


最後はとっても美味しい梅あんず酒づくりのレシピをお伝えします!

青梅:1kg

あんず:5個

氷砂糖:500g

35度のホワイトリカー:1.8l


あんずを入れることで、梅酒がまろやかになります。

これからの季節にぜひお試しくださいね。


<今回の作業にオススメの道具をご紹介>


梅やあんずの摘果作業には採果鋏310がおすすめ!

曲刃なので果実を傷つけずに摘果することができます。



<この記事を読んだ人はこんな記事もオススメです>




畑 明宏

畑 明宏

1967年生まれ。ガーデニング研究家。 1991年積水ハウス入社。 研究所、本社設計部などを経験し、 2014年に独立。 奈良市で土壁と木の家に暮らしながら 家族5人分のお米と野菜を自らつくる。 主な作品に、梅田スカイビル新・里山(緑の都市賞)など。 また、NHKぐるっと関西おひるまえでは講師として出演中。

大阪堺の刃物メーカー・アルスコーポレーションの直営ネットショップです。
作業にオススメな道具をご紹介しています◎

ガーデニング研究家

はたさんちのチョキチョキライフ

畑明宏(はたあきひろ)
1967年兵庫県西宮市出身。
ガーデニング研究家。樹木医。
2014年に独立後、奈良市で土壁と木の家に暮らしながら、家族5人分のお米と野菜を自らつくる。
現在はNHK『ぐるっと関西おひるまえ』にも講師として出演中。
主な作品に梅田スカイビル・新里山(緑の都市賞)など。

人気記事